FC2ブログ
鬼畜様のお足元での成長
二人の時間 ⑩ 【近況】
いまでもまだ、眠りにつくときの、うなり声は止まっていません。

逢瀬の日の、お逢いしているその夜からはじまったのです。

お部屋でいろいろ話して頂いたことが、

なにかしら、私の精神に影響していたのでしょう。

お逢いした次の日から、まだうなり声が出るのを、毎日ご報告しています。

そして、私が伝えられなかったこと、押し殺していた気持ち、

全部話すように仰ってくださいました。

伝えられなかったことを、伝えるのは怖いものです。

正直に話すのは怖いし勇気がいる。





でも、毎日まいにち、長い時間をかけて、私のペースで話せるように、聞いてくださっています。

話しながら、時には悔しさが込み上げ、

涙を流し大きな声で訴えることもあります。

そんな時も鬼畜様は、ちゃんと受けとめ、全て聞いてくださいます。

少しずつですが、うなる症状も少なくなってきております。

あまり気にせず、いま前向きな気持ちでいることを自覚しているので、

いつの間にか、その症状もなくなってくれると思います。





鬼畜様とお逢いして、新しい目標もできました。

自分なりに考えた目標もできました。

どちらの目標も、鬼畜様は喜んで楽しみにしてくださっています。

毎日、その目標に向かって、私は止まることをせず、前にすすんでおります。

いまでもお逢いした時にあった、悔しかった想いや、切なかった想いが、

よみがえってきて涙がこぼれることもあります。

でも、それを振り切れる気持ちと目標が私にはあります。




お逢いしてから3週間が経ちました。

いますぐにでもお逢いしたいです。
 




次回お逢いできる日まで、 私は目標に近づきながら、

鬼畜様のために毎日を過ごすのです。

それは、主従になった最初から、ずっと変わらないことです。
 




他の奴隷さん達も、心の葛藤がいろいろあるのがわかります。

私も、そのひとりですし。

奴隷の中で、一番幸せなのは私でなくてもいいのです。

鬼畜様を一番幸せにできるのが、私であれば。





これから、まだまだ長い年月、鬼畜様の元にしがみついていく心積もりです。

鬼畜様の幸せを考えながら。





こうして全てを、 私の感じたまま、ここに書かせてくださる鬼畜様に感謝いたします。

鬼畜様が私に教えたかったこと、鬼畜様の本当の想い、

それが私にはちゃんと理解できていなく、間違ったまま、

ここに書いてあることも多いはずです。

鬼畜様は、私の感じたままを書かせてくださいました。

訂正などさせずに。




私の全てを受けとめ、私の全てを御自分のモノにしてくださる鬼畜様を、

心より愛しております。 とても愛おしいです。





最後まで読んでくださった方々に、お礼を申し上げます。

いつも、ありがとうございます。








コメント
この記事へのコメント
鍵付き様へ
鍵付き様、コメントありがとうございます。
あえて、お名前は伏せさせていただきますね。

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます。
辛抱なんて、最初からできるものではないですよ^^
私だって、ぜんぜん辛抱が足りないですもの。
でも、離れないことです。どんなに弱くても、少しずつ強くなれるはず。
2014/12/27(土) 10:59:01 | URL | 嘘月 / kogetu / コゲツ [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する