FC2ブログ
鬼畜様のお足元での成長
多頭について考えること


本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。



お正月休みに何かゆっくり考えて、ブログを更新しようと思いました。

特に書きたい題が思い浮かばず、鬼畜様にお題を頂きました。

そして『多頭』について、ゆっくり考えるお時間を頂きました。

『多頭』を拒むことも、望むことも、肯定も否定も、様々だと思います。

自分の中では、こういう考えだけど、他の方と話してみると違う考えなか?という方が、ほとんどかもしれません。



私の中では『多頭』は受け入れなくてはならない事です。

現状がどうなのか、将来的にどうなのかを別にして。

『 お前ひとりだけを大事にするよ。』と、万が一言われたら、たぶん鬼畜様と私の主従の関係は崩れます。

もちろん嫉妬はあります。しかし、愛が深いことで乗り越えられるものだと信じております。

他にお傍にいる女性が居たとしても、できたとしても、私への愛は変わりなく、深く感じられるものだと思います。

【 私だけを大切にして欲しい。】女性なら誰でも思う事かもしれません。

でも鬼畜様に愛を求めてくる女性に対して、鬼畜様は拒む方ではありません。

また深い愛を、何人の方にも、与えられる方でもあるからです。



私自身の安心のために、鬼畜様のお考えを曲げるわけにはいかないのです。

私自身が、それを乗り越えるために、どんなに苦しもうと。

そこは絶対に、揺らがず曲げて頂きたくないのです。



『多頭』であってもなくても、鬼畜様の愛の深さに変わりはありません。

『多頭』を受け入れるのは従者側であって、受け入れられるのは、主へ対する愛の深さだと思います。



これからも、鬼畜様へ対する私の愛の深さが試される時がくるでしょう。

私はその壁をひとつずつ乗り越えて、鬼畜様との愛を、もっと深いものにしていきたいのです。




* デリケートなお題でした。もしかすると不快に思われた方、まったく考えの違う方もいるかもしれません。こうあるべきだとかいう意見ではないです。あくまでも私の考えです。御了承願います。













コメント
この記事へのコメント
自分ひとりを見ていて欲しいと思うことは、ごく普通の感情ですよね。
だけど、奴隷は。
理不尽かも知れないことすべてを受け入れるのが、奴隷でいつづけるために必要なことだと思っています。
その中に、主さまが望まれるのなら多頭も受け入れることも含まれるのかも知れませんね。

たしかにデリケートで、語るのが難しいことだけど。
嘘月さんのお気持ちに少し触れさせていただけたようで、よかった^^
2012/01/05(木) 15:50:35 | URL | KIRA [ 編集]
KIRAさんへ
コメントありがとうございます。受け入れがたい事でも、主が必要なことであれば、受け入れなくてはいけないですよね。主を信じてついて行くのに、あれは駄目これは良いなんてわけにいかないです。拒んで離れるくらいなら、受け入れて成長したいものです(^_^)
2012/01/05(木) 20:30:34 | URL | 嘘月 [ 編集]
嘘月さん、こんにちは。

デリケートなテーマですよね。
私が今まで仕えた主は全て多頭飼いをなさる方でした。
初めは他のMさんが気になって仕方ありませんでした。
もしかすると主は今日は別のMさんと会っているのかもしれない。。。
などと考えてザワザワしていました。
あるとき
「Mはそれぞれでそれぞれ面白い。」
と仕えていた主に言われたことがありました。
そのときに、私だけではきっと主の望むこと全てを満たすことは出来ないのだろうと思いました。
それと
「会っているときにはそのMに対して100%だ。」
とも言われて、それからは自分が会ってもらうときに精一杯尽くそうと思うようになりました。
嫉妬や落ち込みで主のお気持ちを煩わせたらいけにですもんね。
他のMさんと過ごす時間も楽しんでもらいたいと願えるMでいたいと思います。
男性と女性の受け止め方って違うのかな・・・と感じるテーマだとも思いますが。。。
2012/01/07(土) 14:01:00 | URL | ゲイM T [ 編集]
ゲイM Tさんへ
御訪問、コメントありがとうございます。とても嬉しいです^^主に仕える身として、男女の差は多少なりともあると思います。 鬼畜様もたまにお話ししてくださるのですが、M男性の主に対する想いの真っすぐなところは学ばないといけないと。確かに、多頭の元にいるM男性の嫉妬の面を垣間見たことがないのです。M女さんでは、よくあることですよね。。。ひどい方だと、同じ主の元にいる奴隷同士でののしったりも見かけます。M男性の主に対する一心なところは、私もぜひ見習いたいことですし、そうありたいと思っております。 ゲイMTさんの、主様へ対する真っすぐなお気持ちを、私はいつも感心しております^^
2012/01/07(土) 15:26:56 | URL | 嘘月 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する