FC2ブログ
鬼畜様のお足元での成長
ふくらむ想い
「まず、俺がお前を想っている、この位置まで上がってこいよ。」


以前、鬼畜様におっしゃって頂きました。


鬼畜様を想っても、想っても。 上限はない。


もっと想えるはず。 愛せるはず。


もっと頭の中を鬼畜様で一杯にできるはず。 そうしたい。 なりたい。


その想いと愛で、鬼畜様の欲すべてを受け入れたい。 逃したくない。








 KIRA’S BODYアクセサリー ~KIRAの日記~
お許し

鬼畜様にお許しを頂きました。


罰は与えられますが、当然です。


永久追放されなかった。それだけで私は幸せ者です。


今後の行動・言動で鬼畜様をがっかりさせないように、一から努力してまいります。


信頼の為のルール
「 鬼畜様の欲すべてを受け入れる身 」・・・これが私のはずだ。


ちゃんとできているのか考えるまでもない。 今日、信頼まで失うはめに。


昨日、自縛した写真をここにupしました。


blogを書くことに問題があったのではなく、鬼畜様の許可なしに写真をupしたことが間違いでした。


私はルール違反をしたのです。


「叱られるかな…。」と自分でも考えました。 考えたはずなのに、自分の欲に負けてupしてしまいました。


当然、今日、朝一に鬼畜様に叱られました。


安易にupした私に、気持ちの重みを感じないのは当然です。 


「許可なしに載せるのなら、これからも俺の許可いらないよな?」と聞かれました。


「いいえ…。」としかお答えできなかった。 どう考えても、許可がいる。。。


信頼を失った私は、お許し頂けるまで反省するのと、信頼を回復するために努めなければなりません。


信頼を回復するには、まず自分の考えを改め行動しないといけません。。。


今後一切、ネット上に出す画像・アイコンなどは、


確実に鬼畜様の許可を頂いてから、up、変更することを誓います。


ツイッターやblogも、しばらく休んだ方がいいのかとも思いましたが、鬼畜様にお伺いして続けることに決まりました。


「 止めたり休むのは、お前の逃げになる。続けろ。」と言われました。


反省しながらも、日々のことをおろそかにせず、きちんとやっていきたいです。


昨日、自縛の記事にコメント頂いた方、大変申し訳ありません。


せっかくのコメントも同時になくなってしまいました。 今後このような事のないように致します。









 


牝の本能
DVC00014bbb.jpg



多頭と牝の本能について、鬼畜様とお話し致しました。

「多頭」という表現は人によって不快な感じを受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、

あえて分かりやすい言葉を、ここでは使わせて頂きます。ご了承ください。




鬼畜様:「なんで多頭っていう存在ができると思う?」

白亜 :「それだけ魅力・チカラのあるSさんが少ないからでしょうか? 」

鬼畜様:「でもなM女が、あえてヤキモチ妬くような環境に、自ら行かなくてもいいだろ?」

鬼畜様:「ほかにもSは沢山いる。」

白亜 :「そうですね… では何でなんでしょうか?」

鬼畜様:「M女っていうのはな、理性はもちろんあるが、本能で動いてしまうところがある。」

鬼畜様:「自分の意識してないところ、本当は嫌だと思っていても本能が選んでしまう。」

鬼畜様:「牝のDNAが、より優秀なDNAを求めてしまうんだ。本能がな。」

鬼畜様:「だから、辛い環境なのに、意思とは別に選んでしまうことがある。」

そんな会話を致しました。




今まで私は、多頭の方にお仕えしているM女さんと、お話しする機会が何度かありました。

「まったくヤキモチを妬かない、平気よ?」 というM女さんもいます。

でもたいていのM女さんは、心穏やかではないのかと、私は思っています。

そういう状況、環境を受け入れざるおえない。

それでも本能は求めてしまう。主を愛するがために。 そういうコトなのでしょうか。。。

「ヤキモチ妬くと地獄だよ…。」

そんなコトを言っていた、多頭の元に居るM女さんの、言葉が記憶に残っています。



ヤキモチ妬くか妬かないかなんて、簡単にコントロールできるはずがない。

ヤキモチなんかで精神が壊れるかもしれない。

壊れるまでいかなくとも、正常に冷静に思考回路が動くはずもなく。。。

ブレたり混乱するかも。




鬼畜様にお仕えする身としては、私はいま一人です。

これからのコトは分かりません。 

ただ、そういう状況になった時のコトを考えると、胸がえぐられるような気持ちになります。

でも、私に今できることは、いまを… 今日を一生懸命、鬼畜様のために生きるしかないのです。

一生懸命になることで、そんな気持ちも払拭するしかない。

ひたすらに、鬼畜様を想って。。。











M女としての自信と魅力
sEubo4TWAAA.jpg



私はM女として、容姿にも内面的にも自信がまだ少ししかない。

自信がないので、すぐ不安にもなる。

余計なコトをアレこれ考えたりするのです。

まだM女として生まれたばかり、不安なのも仕方ないのかもしれないが、

いつまでもそうは言っていられない。



鬼畜様はいつも、M女としての魅力について、いろいろお話ししてくださいます。

お化粧や服装など、いろいろ変えてみることによって外面的にあらわれたり。

自分に自信を持つコトだけでも、内面的に効果があらわれるはずだと。

そしてひとつずつ、自分に自信を持つコトによって、今よりは綺麗に魅力的になっていくはずです。

内からも外からも輝きたい。 鬼畜様のために。



自信がなくて、すぐ不安になる私には、自信をつけるコトがとても大事。

それを鬼畜様は教えてくれました。



blogやツイッターなどに写真を載せるコトは、みなさんの目線を感じたり、

意見を頂ける大切な場でもあります。

M女にとっては目線は重要なはず。 見られるというコトがどれだけ大事か。

見られるというコトは羞恥にもなります。 そして羞恥によって更にM女としての気持ちを芽生えさせる。

普段の生活の中で外出する時にも、常に男性の目線を意識するように言われています。



むやみに写真をUPするわけではありません。 ただの見せたがりでもない。

視線を感じて、M女としての自覚や魅力につなげていきたいのです。

それは私の自信に、一歩一歩つながってもいくのです。



私の自信は。。。。鬼畜様との絆を深めるためのものなのです。









いまの想い

私は既婚者です。  まだ小さな子もおります。


鬼畜様のお傍に、これからずっと居る身としては、しがらみが多いのが現実です。


朝、目がさめれば、母・妻の私。


鬼畜様のお傍にいるM女としての私。


どちらの私もフルに動きだします。




2年前、鬼畜様の声を聞いてから、私の人生は大きく変わっていくことになった。


鬼畜様の声を聞くと、女としてメスとしての私は、反応せずにいられない。


頭も・身体も・心も・・・・・・・。


頭はしびれ、胸は踊り、子宮はうずく。  私の身体の芯から鬼畜様を欲してる。求めている。


この方のために、私の身体・時間・全て、使える可能な限り使いたい。


いつもいつも、常に常にそう想う。


『 お前の願望は何だ?』 と昨日、鬼畜様に聞かれた。


私の願望? なにがしたい? 少し考えたけど

 
『 鬼畜様の欲望、欲求を全て私が受け入れること。』 


どうしてもこれしか浮かばないです…。とお伝えした。


私にはこれしか願望がない。 これが全てだ。


痛みが欲しいと思ったこともない。 屈辱も羞恥も欲しいを思ったこともない。


私だけが、鬼畜様の欲望の全てを受け入れる身として、喜びを感じている。





主従の関係になって1カ月半が経ちました。


ただのM女だった頃とは、立場も気持ちも大きく変わりました。


ただのM女で、鬼畜様と接していた頃は、わくわくドキドキ楽しかった。


主従の関係になったいま、わくわく楽しい?時間は、ほぼ無くなった。


1日中緊張と必死な自分。 余裕なんてなにもない。


心が掻きむしられる様に辛いこともあるし、考え込んで一人でぐるぐる思うことも多い。


それでも私は幸せです。 幸せだと感じる自分がいる。


鬼畜様のために、必死に追い込まれてる自分に、幸せを感じてる。


主従の関係になると、必死で苦しく、辛いものなのかもしれない。


でも離れたいはずがなく、もっと喜んで頂こうと、毎日必死になる。


これから先も、私には、永遠に余裕ができるとは思えない。


それでも、全力で鬼畜様のお傍に居続ける。


鬼畜様のお足元、それが私の居場所。


私は、鬼畜様のお足元に居続ける、貪欲で我儘な生き物だ。


これからも永遠に。



DVC00001aaa.jpg


























ドライ & ウェット
最近Twitterや、他のM女さんのblogを拝見していて、気になる言葉がある。

ドライオーガズムと、ウェットオーガズムです。

簡単に言うと、男性のドライは射精なしのオーガズム。

ウェットは射精あり。

女性のドライは、要するに普通のイク。

ウェットは潮を噴きながらイクことらしいのです。



私は潮を噴いた経験がない。

未経験の私にとっては、やはり経験してみたいと思うもの。

鬼畜様にこのお話しをしたら、女性が潮を噴くことに興味がないご様子。

「 まあ、噴いたことがないなら、一度試してみるか。 」と言って下さいました。

鬼畜様は、今までの経験で、潮を噴くM女さんをたくさん見てきているため、

いまさらに興味がないようです。笑

「 だいたいなー面倒だろ?ベッド汚さないように準備がいるし、床なんかも汚すかもしれないし。」と。

身体をちょっと触ったり、舐めたりしてるだけで噴く方もいるようで、

「 顔に潮をかけられた時は、そいつをグーで殴ったからな。」と笑っておっしゃっていました。汗



鬼畜様はM女の身体からでる、排泄物が全体的に嫌いです。 匂いもだめ。

たぶん潮も、その部類に入るのでしょうね。 排泄物の感覚。

ベッドなどを汚すのも嫌いです。ご自分が私を噛んで、出血した血で汚れるのは平気なようですが。笑

一番だめなのが、経血(生理の血)ですね。 生理になりました。なんていうと、あっちへ行けと言われます。笑

自分のM女の身体から、不要なもの、汚物の匂いがするのが許せないようです。

「なんでお前の身体が、こんなものの匂いで汚染されてるんだ?」みたいな感覚のようです。

M女の身体は、いつも清潔そのものであるのが、鬼畜様にとっては一番好ましいようです。



なので私は、いつか潮を噴くという経験ができるかもしれませんが、

たぶん、その一回限りでしょうね。

なにより鬼畜様が、潮を噴くということに興味がないので。

「潮を噴いてイクくらいなら、よっぽど失神するほうが見てて面白い。」とおっしゃっていました。。。

ドライオーガズムで逝きまくるM女でいます。 これからも私は。